転勤で部屋を貸したい!こうやってマンションのオーナーになりました

選んだのはマンションのオーナーになる事

売却する場合にはローンの残りがかなりあるので、短期間で売却が出来なければその間のローンの支払いをしなければなりませんし、空き家として維持する場合もローンの支払いが発生する事になります。
転勤先ではアパートを借りる事になるので、家賃の支払いとローンの支払いは経済的な理由から難しいと感じていましたし、空き家のままにしておくと家は駄目になるなどからも、選択肢として選んだのはマンションのオーナーになる事でした。
人に部屋を貸すと汚されるなどの不安もありましたが、情報サイトを利用して調べている時、原状回復と言う言葉を見つけました。
原状回復とは部屋やお店などを貸し出す時、退去する時には元通りに戻すための義務のようなもので、汚された場合には元通りにして貰えるわけです。
これなら人に部屋を貸していても安心ですし、家賃を毎月貰えるためローンの支払いも出来る、一石二鳥だと感じたのです。
転勤までの時間があまりなかったので、引っ越しの準備を進めながら不動産会社を探しました。
地元の不動産会社に依頼すべきか、それとも不動産投資の管理会社に委託を行うべきか迷いましたが、家の近所にある不動産会社は地元の中でも色々なオーナーさんの物件を取り扱っている、しかも不動産の管理についてもお願い出来るなどからも、管理会社に委託をする事なく不動産会社に部屋を借りたい人を見つけて貰う事にしたのです。

マンションを購入してから2年ほどで転勤に選んだのはマンションのオーナーになる事広告を出したと同時に希望者が数名見学に

マンション 貸したい | マンションを貸したいなら、まずは一括査定!